建物の点検を実施しましょう

お世話になっております。PM事業部の櫻井です。
建物をより長く快適な状態で使い続けるためには、定期的なメンテナンスや早めの修繕が必要です。
今回は点検すべき主な項目、点検する際の注意事項などを¥ご紹介いたします。

【屋根・雨樋】
・雨漏りがある
・塗装の劣化や破損、ズレがある
【外壁】
・塗装面に触ると粉が手につく
・壁面にひび割れやタイルの剥がれがある
【ベランダ、階段廊下】
・床に剥がれや隙間がある
・鉄部(手すり等)に錆や破損がある
【給水設備・排水管】
・水の流れが悪い、異臭がする
・過去に水漏れがあった、異音がする
【基礎(土台)】
・ひび割れや蟻道(土で盛られた道)がある
【外部建具(扉、雨戸等)】
・開閉に支障がある
・鉄部に錆や破損がある

点検にはオーナー様や管理会社が自ら行う自主点検と、法令で義務付けられた有資格者または、所定の検査機関による法定点検があります。
こうした点検を通じて、建物各部の不具合や設備の異常などを把握し、適切に補修を行うとともに、その内容を記録・保管していくことが重要です。

昨今、施工不備問題が話題になっています。
万が一に備え、賃貸住宅を定期的にメンテナンスをすることが大切です。
入居者を守るため、そしてオーナー様自身を守るため、今一度、ご所有物件の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい ⇒⇒⇒「賃貸住宅もニューノーマル」 〜物件選びも非対面・非接触がポイント〜

各SNSも更新しています!登録をよろしくお願いします!(^^♪

■YouTubeチャンネル

■公式Instagram(IGTV)

■公式Facebook

■公式Twitter

いわきの不動産情報なら、いわき土地建物にお任せ下さい。
いわき市のアパート、マンション、一戸建、事務所、店舗、駐車場などを扱っております。
お気軽にお問合せ、ご来店下さい。お待ちしております。

記事の更新日:

PAGE TOP